人相は、その人の習慣的な心の思いが具体的な形となって、性格や運勢を形作るので、人相学で良い人相の結婚相手を選びましょう

Menu ▼
【人相学の基本を学ぼう】
人相学の基本的な解説

人相による性格・運勢

人相はあなたのオーラを映し出す

手はその人の歴史を物語っている

相手の顔と目の動きを見よう

人相と体に関する大人の雑学

人相による健康チェックをしてみよう

【本格的な人相学を学ぼう】
人相は心の鏡

顔を上停・中停・下停と3分割した観方

顔は人間全体の縮図である

人相による父母や兄弟姉妹、子ども、先祖などの関係【T】

人相による父母や兄弟姉妹、子ども、先祖などの関係【U】

その他人相による各種観方

人相は心によって変化する


小鼻の見方と観相法の必要性


鼻を自分の胴体として観察する場合には、両眉が両腕にあたり、鼻の下部の両翼のふくらんでいるところ(俗に言う小鼻)が骨盤部にあたり、鼻の両側から八の字にある線(法令と言います)は、両脚にあたるとして観察します。



そうしますと、頭は両腕の上にあるべきでありますので、眉間のやや上部中央部にあたります。

頭脳明晰な人は、この眉間の上部(上停の下部)が鏡のように曇りなく良い色つやを持っています。

鼻は胴体ですから、鼻の上部の細い人は胸部の発達の悪い人であり、胸の狭い(心の胸も狭い人)人 であります。

また、ここが剃刀(かみそり)の薄刃のように薄い人は剃刀のように人を批評し解剖する性質があり心が鋭く、同時にデリケートで心の刃(やいば)が毀(こぼ)れやすい人であります。



小鼻の形の良い人は、胴体のすわりの良いことであって、運勢もよく蓄財もできる人であります。

ところが小鼻の小さい方は、忍耐(すわり)悪く、蓄財などできない人であります。

ここで、小鼻の小さい女性と小鼻が大きい男性が夫婦になりますと、せっかく、夫が稼いできた財産を妻が湯水のように使いますので、とかくオカネの使い方の問題で夫婦喧嘩がおきやすいです。

小鼻の小さい女性が、小鼻の小さい男性と結婚しますと、どちらも気が合って良いと思われるかもしれませんが、そうではありません。夫婦とも気が揃って財産を湯水のように使いましたら、どんな資産家でも傾くのは目に見えています。



したがって、配偶者を選ぶ場合には、まず自己を知り、そして相手を知り、自己の過去から集積してきた欠点を正直に直視して、それを補う相手を見出し、その相手に従順に従って行けば幸福になれるのです。

だいたい、人相を知るのは自己の欠点を知って悲観するためではなく、また、他人の欠点を知って軽蔑するためではありません。

人の人相はその人の過去の念の集積が形にあらわれたものであるので、相手の人相を見ることによって、もしその人が過ちを犯しても、彼の過去の集積の結果がでてしまったということで無理もないと許しつつつ、その心をともに向上せしむるヒントを与えて、その人を不幸より救ってあげるためであり、自分の人相を知ることによって、人相は過去の念の集積であるから、自己の過去を反省し、今後、良い念を集積して、いっそう良い運命へ転向しようという努力の契機を与えるがためであります。







 【外部関連サイト】
 結婚できる女性・できない女性
結婚できない女性の特徴と共通点
結婚できる女性の特徴と共通点
間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手は「いい男」を選ぼう
モテる女性は男性心理を知っている
結婚できない女性は意識改革を
愛され上手になる恋愛モテ講座
結婚に対するアドバイス
 玉の輿に乗る方法
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座




人相はあなたの心を映す鏡
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
おひとりさまの心構えと老後の対策
男性心理と女性心理
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
大人のための血液型恋愛・結婚占い
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
好きな女性を口説く方法と口説き方
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
女性のための血液型診断・占い
幸せを呼び込む宇宙の法則
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
男と女の恋愛メールテクニック
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレス解消法