人相は、その人の習慣的な心の思いが具体的な形となって、性格や運勢を形作るので、人相学で良い人相の結婚相手を選びましょう

Menu ▼
【人相学の基本を学ぼう】
人相学の基本的な解説

人相による性格・運勢

人相はあなたのオーラを映し出す

手はその人の歴史を物語っている

相手の顔と目の動きを見よう

人相と体に関する大人の雑学

人相による健康チェックをしてみよう

【本格的な人相学を学ぼう】
人相は心の鏡

顔を上停・中停・下停と3分割した観方

顔は人間全体の縮図である

人相による父母や兄弟姉妹、子ども、先祖などの関係【T】

人相による父母や兄弟姉妹、子ども、先祖などの関係【U】

その他人相による各種観方

人相は心によって変化する



顔に幸運のオーラをまとおう


顔は、宇宙を表現しており、幸運はその宇宙とインスピレーションでつながるところからやってくるものです。

ですから、幸運を呼び寄せるためには、顔にはいつも生命力と美しさを漂わせて、周囲の人に明るいイメージを与えることが大切です。



@ 女性の眉は両脚にあたり、男性の眉は両腕にあたりますので、眉は、その人の手足になる人との関係をあらわし、兄弟姉妹を意味します。
ですから、眉が途切れていたり、薄く弱々しかったり、あるいは細すぎたりすると、人とのつながりも弱くなり、運勢に発展性がありません。
しっかり上向きに眉を描いて、力強さを出しましょう。
眉を剃るなどはもってのほかです。


A 唇は女性器の表面にあらわれた部分で、愛情表現を表すところですので、唇も薄すぎますと、愛情が薄いように受け取られます。
女性も年頃になると「色気づいた」などと言われますが、唇にも色気が出てきます。
ですから、男性から愛情をたっぷり受けようと思えば、リップペンシルでしっかり輪郭をとってから、柔らかな桜色や、優しいミルクティー色の口紅を塗って、ふっくらした唇に仕上げると良いでしょう。
唇は女性器の色を表現していますので、口紅の色も、若い女性は濃い色ではなく、ピンク色が良いです。



B 頬はその人の感情表現が表れやすいところであり、喜怒哀楽が頬の色とか頬のゆがみに出やすいので、できるだけふっくらした頬を心がけましょう。
色としては、肌になじむ明るいオレンジのチークを、「いつも幸せを運んでくれてありがとう」と、笑顔をつくってつければ、自然とあなたの幸せオーラに惹きつけられる男性が現れるでしょう。
笑ったときに盛り上がる部分をつければ、自然な立体感も出てステキです。


C 人間の顔は、「天」「地」「人」で構成されているという考え方があり、それに当てはめれば、額は顔の上部にあって「天」を表すとされ、「知恵」とか「知能」を司り、天と交流する器官であるとされています。
ですから、額は天からのインスピレーションを受けるところであり、幸運をキャッチする場所なので、吹き出物のない、ツヤのある額をなるべく外に見せることが大切です。


D 顔全体のメイクの留意事項
幸福がやってくるのは、生命力のあふれた爽やかさと内面から出る美しさからですので、はかなく、もの憂い感じのメイクは、幸福を遠ざけるので避けましょう。






 【外部関連サイト】
 結婚できる女性・できない女性
結婚できない女性の特徴と共通点
結婚できる女性の特徴と共通点
間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手は「いい男」を選ぼう
モテる女性は男性心理を知っている
結婚できない女性は意識改革を
愛され上手になる恋愛モテ講座
結婚に対するアドバイス
 玉の輿に乗る方法
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座




人相はあなたの心を映す鏡
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
おひとりさまの心構えと老後の対策
男性心理と女性心理
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
大人のための血液型恋愛・結婚占い
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
好きな女性を口説く方法と口説き方
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
女性のための血液型診断・占い
幸せを呼び込む宇宙の法則
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
男と女の恋愛メールテクニック
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレス解消法